中間処理

周辺環境に配慮した全天候型処理施設

お客様からお預かりした廃棄物は、自社の処理施設で新たな資源として生まれ変わります。
処理施設は屋内型で、廃棄物は分別してコンテナで管理。他種と混ざり合うことがなくなり、効率的に処理が行えます。また、防災対策として防火水槽を設置するなど、近隣住民の方が安心して生活できるよう心がけています。

施設概要
処理の流れ

施 設 名 廃棄物の種類 処理能力 数量
破砕施設 廃プラスチック類 3.84t/日 1
破砕溶融固化施設 廃プラスチック類
(発泡スチロール)
0.333t/日 1
圧縮施設 廃プラスチック類 1.5t/日 1
圧縮施設 金属くず 4.82t/日 1

施 設 名 廃棄物の種類 保管量 数量
廃棄物保管施設
(コンテナによる保管)
廃プラスチック類
(破砕前)
8m3 1
廃プラスチック類
(破砕溶融固化前)
8m3 1
廃プラスチック類
(圧縮前)
8m3 1
金属くず
(圧縮前)
8m3 2
製品保管施設
(コンテナによる保管)
廃プラスチック類
(破砕後)
8m3 1
廃プラスチック類
(破砕溶融固化後)
8m3 1
廃プラスチック類
(圧縮後)
8m3 1
金属くず
(圧縮後)
8m3 2

施 設 名 廃棄物の種類 保管量 数量
廃棄物保管施設
(コンテナによる保管)
廃プラスチック類 8m3 2
金属くず 8m3 1
木くず 8m3 1
繊維くず 8m3 1
ガラスくず、コンクリートくず
及び陶磁器くず
8m3 1
がれき類 8m3 1
紙くず 8m3 1
↑ページトップへ

お客様からお預かりした再資源化可能な産業廃棄物に対して、最適な処理を行い、再資源化原料を生産します。
処理対象物は廃プラスチック類・金属くずです。

廃プラスチック類破砕設備

硬質系プラスチック類の破砕や減容を行う処理設備です。処理終了後はチップ状になり、新たなプラスチックの原料として生まれ変わります。

廃プラスチック類圧縮設備

ビニールなどの軟質系プラスチック類を強力な加圧力でプレスし、圧縮・減容を行う処理設備です。処理終了後、新たなプラスチックの原料として生まれ変わります。

廃プラスチック類破砕・溶融固化設備

発泡スチロールの破砕・溶融固化を行う処理設備です。サイズは40〜140分の1まで減容され、処理終了後はブロック状になり、再生可能なプラスチックの原料として生まれ変わります。

金属くず圧縮機

大小さまざまな金属くずの圧縮・減容を行う処理設備です。処理終了後、再生金属の原料として生まれ変わります。

処理の流れへ
↑ページトップへ